白髪染めの色・カラーの選び方

昔は白髪染めというと黒か茶色が普通でしたが、最近は白髪を染める人の好みもかなり変わってきました。ドラッグストアの白髪染めのコーナーへ行けばわかるのですが、カラーバリエーションがかなり増えました。でも、選択の幅が増えると人間は決定するのに迷うようになります。そこで、販売する側もお客様が選択しやすいように商品パッケージの写真を見て仕上がりのイメージがしやすいようにしています。また、陳列棚の商品の側に人工毛のサンプルを置いてくれています。しかし、自分の髪質や色によっては見本と同じような仕上がりにならないこともありますので、しっかりと自分の髪質や色は事前にチェックしておきましょう。
人の髪質は硬毛と軟毛に2種類に分かれるのですが、軟毛は細く柔らかい毛なのでパッケージの写真とほぼ同じような仕上がりになります。これに対して硬毛は太くて硬いので色が染まりにくいので、サンンプルの色よりもワンランク明るい色を選ぶようにしましょう。
基本的には黒髪は暗めに白髪は明るめに染まりやすいという性質を知っておきましょう。黒髪が多い場合はワンランク明るめの色を、白髪が多い場合は希望通りの色を、黒髪と白髪が半々くらいなら地毛の色より2段階以内のカラーを選ぶとよいでしょう。

Copyright© 2010 初めての白髪染め選びNAVI All Rights Reserved.