白髪染めとヘアカラーの違い

よくドラッグストアで見かけると思うのですが、専用のコーナーに髪の毛を染める薬品がたくさん並んでいます。これらの髪の毛を染める薬品は大きく2種類に分けることができます。どちらも薬事法上の医薬部外品である「染毛剤」なのですが、その用途によりヘアーカラーと白髪染めに分けることができます。この2つの違いは、簡単に言うと黒髪を染めるのがヘアカラーで白髪を染めるのが白髪染めということです。それぞれの目的により薬品の配合濃度を微妙に変えて作られています。ですから、自分はどちらの目的なのかをはっきりと認識しなくてはいけません。白髪の多い人がヘアーカラーを使用してもきれいに白髪を染めることはできません。
白髪染めもヘアカラーも脱色してから染毛するというメカニズムは同じです。しかし、白髪染めの場合は黒髪と白髪を同時に染めるので染料の配合濃度は高く、染毛力が非常に高い傾向があります。これに対してヘアカラーは黒髪に使用するので脱色する力が強力です。
黒髪の場合はヘアカラー、白髪の場合は白髪染めを使用するのがベストですが、まだら白髪の場合はどうすればいいのでしょうか。ヘアカラーは染毛力がそれほど強くありません。ですから、黒髪の中にまだらに白髪がある場合には染毛力の強力な白髪染めで使用するのがベストです。自分がどちらのタイプなのかしっかりと見極めましょう。

Copyright© 2010 初めての白髪染め選びNAVI All Rights Reserved.